利井鮮妙(読み)かがい せんみょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

利井鮮妙 かがい-せんみょう

1835-1914 幕末-明治時代の僧。
天保(てんぽう)6年4月10日生まれ。利井明朗の弟。浄土真宗本願寺派美濃(みの)(岐阜県)の行照,肥後(熊本県)の僧亮にまなび,明治4年生家の摂津常見寺(大阪府)の住職となる。私塾専精舎についで,15年明朗とともに本照寺に行信教校を設立し,後進をそだてた。29年同派の勧学となる。大正3年1月1日死去。80歳。著作に「宗要論題決択編」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android