五島慶太(読み)ごとうけいた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「五島慶太」の解説

五島慶太
ごとうけいた

[生]1882.4.18. 長野
[没]1959.8.14. 東京
大正・昭和期の実業家東急コンツェルンの創設者。長野県の農家の二男に生まれる。1911年東京帝国大学法科大学卒業後,農商務省を経て鉄道院に勤務。1920年民間に下り,武蔵電気鉄道(のち東京横浜電鉄)の常務取締役となる。旺盛な事業活動を展開し,1922年に目黒蒲田電鉄設立,以後,池上電気鉄道,東京横浜電鉄,玉川電鉄,小田急電鉄,京浜電気鉄道,京王電気軌道の各社を合併して 1942年東京急行電鉄に統合,経営合理化,体質強化をはかった。交通事業を主軸にしながら,土地,住宅,百貨店など付帯事業も次々と拡大,いわゆる東急コンツェルンを築いた。1944年東条英機内閣の運輸通信大臣に就任。第2次世界大戦後は公職追放となり,また財閥解体によって傘下から東横百貨店(→東急百貨店),小田急電鉄,京王帝都電鉄(→京王電鉄),京浜急行電鉄の各社が分離独立したが,1951年追放解除とともに東京急行電鉄会長に復帰。分離した各社を再び支配下に収め,東映の再建,白木屋の買収,土地開発や伊豆箱根の観光開発などを手がけ,東急グループを形成した。「事業の鬼」と呼ばれる手腕と覇気に富んだ人物像は,日本の実業界でも異色の存在であった。文化事業として五島育英会,五島美術館の設立,亜細亜大学の経営などを行なった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「五島慶太」の解説

五島慶太
ごとうけいた
(1882―1959)

実業家。東急グループの創始者。長野県の小林家に生まれ、結婚後五島姓となる。1911年(明治44)東京帝国大学卒業。農商務省、鉄道院を経て、1920年(大正9)武蔵(むさし)電気鉄道常務に就任。1924年同鉄道は東京横浜電鉄と改称専務となる。また1922年目黒蒲田(かまた)電鉄を設立し、専務に就任。その後両社の社長となり、1939年(昭和14)二つを合併して東京横浜電鉄とする。1942年には小田急電鉄、京浜電気鉄道(現、京浜急行電鉄)を統合、東京急行電鉄(現、東急電鉄)とした。1944年、東条英機内閣の運輸通信大臣に就任。第二次世界大戦後、公職追放が解けるや交通分野を中心として多角経営を推進した。旺盛(おうせい)な事業活動から「強盗慶太」の異名をとる。1952年(昭和27)東京急行電鉄会長となる。

[前田和利]

『五島慶太伝記並びに追想録編集委員会編・刊『五島慶太の追想』(1960)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「五島慶太」の解説

五島慶太 ごとう-けいた

1882-1959 大正-昭和時代の実業家。
明治15年4月18日生まれ。鉄道院をへて武蔵電気鉄道(のち東京横浜電鉄と改称)常務となり,大正11年目黒蒲田電鉄の設立にくわわる。のち両社の社長となり,昭和14年両社を合併させる。さらに東京近郊の私鉄を統合して,17年東京急行電鉄社長となり東急グループを形成。19年東条内閣の運輸通信相。27年東急電鉄会長。昭和34年8月14日死去。77歳。長野県出身。東京帝大卒。
格言など】俺は,その日のことはその日で忘れる主義だ(「決断力」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「五島慶太」の解説

ごとう‐けいた【五島慶太】

実業家。長野県出身。東京帝国大学卒。昭和一七年(一九四二)東京横浜電鉄に小田急・京浜の両電鉄を統合して東京急行電鉄を創設し、社長となる。東条内閣に運輸通信相として入閣し、第二次世界大戦後追放。のち実業界に復帰し、東急グループを形成。明治一五~昭和三四年(一八八二‐一九五九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「五島慶太」の解説

ごとう‐けいた〔ゴタウ‐〕【五島慶太】

[1882~1959]実業家。長野の生まれ。旧姓、小林。農商務省、鉄道院を経て東京近郊の私鉄の経営に転じ、東京急行電鉄を設立。東急グループを創始した。東条内閣では運輸通信大臣。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「五島慶太」の解説

ごとうけいた【五島慶太】

1882‐1959(明治15‐昭和34)
大正・昭和期の実業家。東急コンツェルンを築きあげた電鉄王。長野県小県郡に生まれる。1911年(明治44)東京帝国大学法科を卒業と同時に農商務省(のちに鉄道院)に入るが,20年退官し,武蔵電鉄(のちに東京横浜電鉄と改称)と目黒蒲田電鉄の常務または専務として両者の建設に従事(前者は1926年,後者は1923年に開業した)。東横と目蒲の社長に就任した36年(昭和11)以降,東京西南部の私鉄・バスの統合に乗り出し,第2次大戦末までに東京急行電鉄(東急)を中心とするコンツェルンを築きあげた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の五島慶太の言及

【東京急行電鉄】より

…1996年にはグループ運営のため,〈東急サミット〉に事業分野別サミットを新設した。東急グループの総帥は東京急行電鉄の社長五島昇で,実質的な創業者五島慶太(1882‐1959)の長男であったが1989年死去。【岡山 昇】【黒田 満】。…

※「五島慶太」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android