コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利潤導入方式 りじゅんどうにゅうほうしき

百科事典マイペディアの解説

利潤導入方式【りじゅんどうにゅうほうしき】

1965年ソ連共産党中央委員会がその採用を決定した利潤と利潤率重視の新しい社会主義経済運営方式。提唱者にちなみリーベルマン方式とも。販売価格と原価の差である純所得(利潤)増大を重視し,そのため生産の質を向上させて消費者の要求に応じることが強調された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

利潤導入方式の関連キーワードゴダール(Jean-Luc Godard)森一生宇宙開発史(年表)アニオン電着塗装シャブロル新藤兼人中平康山本薩夫[各個指定]芸能部門ショインカ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone