コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利潤導入方式 りじゅんどうにゅうほうしき

百科事典マイペディアの解説

利潤導入方式【りじゅんどうにゅうほうしき】

1965年ソ連共産党中央委員会がその採用を決定した利潤と利潤率重視の新しい社会主義経済運営方式。提唱者にちなみリーベルマン方式とも。販売価格と原価の差である純所得(利潤)増大を重視し,そのため生産の質を向上させて消費者の要求に応じることが強調された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

利潤導入方式の関連キーワードリーベルマン(Evsey Grigor'evich Liberman)

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android