コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利益三分法

1件 の用語解説(利益三分法の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

利益三分法

利益三分法」とは、特許発明の価値算定における一般的な方法。営業利益は資本力、営業力、技術力の3つの要素によって決まると考え、それぞれの比重に基づいてその寄与分を決定すべき、という考え方。このうち、技術力にあたる部分を特許の寄与分として捉える。一般的な実施料率が3%であるのは、企業の営業利益率が平均的に10%程度であることも一因として挙げられる。しかし、実際にはその他の無形資産の寄与率も影響すると考えられるため、「利益三分法」は簡便な手法であるといえる。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

利益三分法の関連キーワードEV価値係数通常実施権明細書特許の出願共同出願裁定通常実施権進歩性発明者利用発明

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone