刺刀(読み)サスガ

  • 刺▽刀

デジタル大辞泉の解説

腰刀。また、懐刀(ふところがたな)。突き刺すのに使うのでいう。
刀の鞘(さや)の差裏(さしうら)に添える小刀。小柄(こづか)。
細工用の小

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 腰にさす小さな刀。鞘巻(さやまき)。また、懐中に入れる護身用の短刀。ふところがたな。
※後撰(951‐953頃)離別・一三〇四「をりをりに打てたく火の煙あらば心さすかをしのべとぞ思〈紀貫之〉」
② 腰刀の鞘の差裏(さしうら)にさす小刀。
※歌舞伎・三賀荘曾我島台(1821)二幕「刺刀(サスガ)の大きいやうなものだ」
③ 細工に用いる小刀。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android