コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

則中 そくちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

則中 そくちゅう

?-1695 江戸時代前期の僧。
浄土宗。阿波(あわ)(徳島県)の人。江戸伝通院でまなぶ。「大乗起信論」にくわしく数百回も講義したので,起信庵とよばれた。天和(てんな)3年(1683)尾張(おわり)名古屋藩主徳川光友にまねかれ,名古屋相応寺の住職となった。元禄(げんろく)8年4月19日死去。字(あざな)は快玄。号は定蓮社禅誉。名は即中ともかく。著作に「大乗起信論講義記」「起信義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

則中の関連キーワード動物園などでの鳥インフルエンザへの対応指針常盤公園の鳥インフルエンザ対応マニュアル島根県立松江北高等学校佐賀県立佐賀高等学校オセルタミビル熱中症予防情報横堀 角次郎南日 恒太郎松原 三五郎湿球黒球温度今泉 忠義宇留木 浩植田 清次学校教育法二葉亭四迷横堀角次郎上原 虎重加藤三之輔南日恒太郎神田 乃武

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

則中の関連情報