則子女王(読み)のりこじょおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

則子女王 のりこじょおう

1850-1874 幕末-明治時代,邦家親王の第8王女。
嘉永(かえい)3年4月5日生まれ。母は鷹司政煕(たかつかさ-まさひろ)の娘。倫宮(みちのみや)とよばれた。文久2年紀伊(きい)和歌山藩主徳川茂承(もちつぐ)と結婚,1男2女を生む。明治7年11月16日死去。25歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

則子女王 (のりこじょおう)

生年月日:1850年4月4日
江戸時代;明治時代の女性。和歌山藩主徳川茂承の妻
1874年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android