前業(読み)ゼンゴウ

大辞林 第三版の解説

ぜんごう【前業】

〘仏〙 この世における苦楽の原因となる前世でのおこない。先業。宿業。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐ごう ‥ゴフ【前業】

〘名〙 仏語。前世の業因。これによって現世の禍福が定まるとされる。先業。
文徳実録(879)序「今上陛下、武子文孫、重熙累洽、追尋前業、愈勧勒修
※妙好人伝(1842‐52)初「貧福苦楽は前世の業因よりあらはるるゆゑ、貴方のごとく富祐なるも前業(ゼンゴウ)なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前業の関連情報