貴方(読み)アナタ

  • あんた
  • きほう ‥ハウ
  • きほう〔ハウ〕
  • 貴=方

デジタル大辞泉の解説

[代]《「彼方(あなた)」から》二人称人代名詞
対等または目下の者に対して、丁寧に、または親しみをこめていう。「貴方の考えを教えてください」
妻が夫に対して、軽い敬意や親しみをこめていう。「貴方、今日のお帰りは何時ですか」
[補説]現では敬意の程度は低く、学生が先生に、また若者が年配に対して用いるのは好ましくない。「貴男」「貴女」と書くこともある。
[代]《「あなた」の音変化》二人称の人代名詞。「あなた」よりもくだけた感じの語。
「あたしも―がほんとに好き」〈木下順二・夕鶴〉
[名]相手を敬って、その住所・住居をいう語。
[代]二人称の人代名詞。男性が同等の相手を敬っていう語。現在では、多く文書などで用いられる。貴君

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘代名〙 (「あなた」の変化した語) 対称。
① 近世後期、上位者に用いた。最初は遊里で用いられ、のち一般化した。
※洒落本・北廓鶏卵方(1794)「雪枝(せっし)さん、あんたはこねへだの京町のしわくちゃをおききなせへやしたかへ」
② 現代、多く下位者に用いる。東京では卑俗な言い方であるが、関西では、親愛の気持を込めていう。
※塩原多助一代記(1885)〈三遊亭円朝〉三「貴女(アンタ)の兄さんも、私も元は先祖が一つで」
[補注]明治以降、関西では対等以上の親愛な関係で使われ、「あんたはん」「あんさん」などのかたちもある。
[1] 〘名〙 相手を敬って、その住む場所や住居をいう語。
※庭訓往来(1394‐1428頃)「春始御悦、向貴方先祝申候畢」
[2] 〘代名〙 対称。同等の相手に用いる敬称。男性が用いる。貴公。貴殿。貴君。
※太平記(14C後)三六「旧好其の故も候へば、混(ひたす)ら貴方(キハウ)を憑申にて候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android