前田 竹房斎(2代目)(読み)マエダ チクボウサイ

20世紀日本人名事典「前田 竹房斎(2代目)」の解説

前田 竹房斎(2代目)
マエダ チクボウサイ

昭和・平成期の竹工芸家



生年
大正6(1917)年7月7日

没年
平成15(2003)年3月12日

出身地
大阪府

本名
前田 房次

学歴〔年〕
関西簿記専卒

主な受賞名〔年〕
勲四等瑞宝章〔平成4年〕

経歴
父の1代目前田竹房斎に師事。昭和10年2代目を襲名。初め日展に作品を発表し、11回入選。34年日本伝統工芸展に入選、45年以降毎回入選。竹材の持つ美しさを生かしながら、立体的な造形、意匠表現に独自の工夫を凝らした繊細で高雅作風を築いた。平成7年人間国宝。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android