前田伸右衛門(読み)まえだ のぶえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田伸右衛門 まえだ-のぶえもん

1732-1811 江戸時代中期-後期の武士。
享保(きょうほう)17年生まれ。肥前蓮池(はすのいけ)藩(佐賀県)藩士。経理や土木工事にすぐれ,用水路開削や開拓に貢献。文化5年大日(だいにち)村(武雄市)の水利確保のため,隣藩の佐賀藩に交渉して池内堤からの引水事業に成功。塩田学寮を建設,村民の教育にもつくした。文化8年死去。80歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android