コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剣法 ケンポウ

デジタル大辞泉の解説

けん‐ぽう〔‐パフ〕【剣法】

刀剣で戦う武術剣術

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の剣法の言及

【剣道】より

…古代,《日本書紀》には〈多知加伎(たちかき)〉〈多知宇知(たちうち)〉とあり,〈撃刀〉という語も〈たちかき〉と訓じている。平安時代から鎌倉時代ころは〈太刀打(たちうち)〉,室町時代後期から江戸時代初期にかけては〈兵法(ひようほう)〉が多く用いられたが,江戸時代は〈剣術〉が最も多く,ほかに〈剣法〉〈刀法〉〈剣技〉などの名称も用いられた。明治時代は〈撃剣(げつけん)〉が多く用いられるようになる。…

※「剣法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

剣法の関連キーワード奈良原喜左衛門富田九郎左衛門加藤田平八郎佐々木小次郎柴田金右衛門伊地知 正輔荘田奥三郎鳴山 草平念阿弥慈恩弟子丸竜助田中新兵衛中村嘉葎雄長谷川一夫佐々木庸詳佐々木巌流北辰一刀流伊藤一刀斎男谷精一郎北川汶陽篠山光官

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

剣法の関連情報