コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剣玉構造 けんだまこうぞうcup-and-ball structure

岩石学辞典の解説

剣玉構造

柱状の火成岩の交差節理(cross-jointing)をいい,一方の節理面が落ち込んで,他方が上昇したことで,二つの部分が互いに組み合わさったもの.玄武岩などにその例がある[Hatch : 1888].cup-and-ballは剣玉(けんだま)遊びのこと.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android