コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剣竜類 けんりゅうるい Stegosauria

2件 の用語解説(剣竜類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

剣竜類
けんりゅうるい
Stegosauria

爬虫類鳥盤目剣竜亜目に属する恐竜で,中生代ジュラ紀後期から白亜紀初期に栄えた。四脚歩行性のため二脚の獣脚類ほど速くなくむしろ遅鈍。背には皮膚から発達した骨板や棘を並列させる。代表的なステゴサウルスStegosaurus (剣竜) はジュラ紀後半にアメリカイギリスに分布していた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

剣竜類
けんりゅうるい
stegosaur
[学]Stegosauria

鳥盤目装盾(そうじゅん)類(亜目)剣竜類(下目)の恐竜。ジュラ紀の、約1億9960万年~1億4550万年前に栄えた。剣竜類を代表するステゴサウルスStegosaurusは、北アメリカのジュラ紀後期、約1億5570万年~1億4550万年前の地層から産出した。全長約9メートルで、後肢が前肢より長く、小さな頭は地面すれすれの位置にあった。後肢は3本指、前肢は5本指で、ひづめのようなつめであった。頸(くび)から尾まで背中に沿って2列の大きな五角形の骨質の薄板を備えていた。それらは明らかに交互に配列し、後方ではほぼ1列。最後尾には2対の棘(とげ)状突起があった。これらは防御のためのものであったほか、体温調節器官の役割を果たしたと思われる。剣竜類は脳が小さいことで有名で、腰と肩には脳より大きな神経叢(そう)があった。歯は比較的弱く、水けの多い植物を食べるのに適していた。湖や沼辺の岸をゆっくりと移動し、地上の植物を食べていたものと思われる。剣竜類はよろい竜類とともに単系統群であるエウリポッド類Eurypodaを形成し、スクテロサウルスScutellosaurus、エマウサウルスEmausaurus、スケリドサウルスScelidosaurusなどと装盾類Thyreophoraをなす。[小畠郁生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

剣竜類の関連キーワードステゴサウルス鳥盤類爬虫類プテラノドンブラキオサウルス日本竜カモハシ竜(鴨嘴竜)コンプソグナツス角竜鳥盤目

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone