剥物(読み)むきもの

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

剥物
むきもの

いも、ダイコン、ニンジンなどを材料として、魚貝類、果実、鶴亀(つるかめ)などをつくりあげる彫刻技術、またはその造形物。古来、食器として草木の葉、針葉植物の枝などを用いていたが、平安時代から折敷(おしき)という平膳(ひらぜん)が食器として用いられるようになると、以前食器として用いた葉や枝を飾りとして折敷の上に移した。これがしだいに技芸的になり、剥物へと発達した。剥物は江戸後期から技術が著しく向上し、大型の盆景的なものから、山水などの風景、宝舟、五重塔などの建造物もつくられる。氷を用いても同様なものができるが、これは氷細工、氷芸術などといわれている。剥物精覚流・島根長(1982没)は古今の名人といわれた。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android