コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剱崎 けんざき

3件 の用語解説(剱崎の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

剱崎【けんざき】

神奈川県三浦半島南東端の岬。〈つるぎさき〉とも。浦賀水道の入口をなし,東京湾へ入る船舶の重要な目標で,光達距離18カイリの灯台がある。房総半島が望まれる景勝の行楽地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県〕剱崎(つるぎざき)


神奈川県の三浦(みうら)半島南東端の岬。房総(ぼうそう)半島の洲(すの)崎と結ぶ線が東京湾口をなす。東京湾航路の要地で、1871年(明治4)洋式の剱埼(さき)灯台が設置された。磯釣(いそづ)り・ハイキング客でにぎわう。「剣崎(けんざき)」は表記も読みも俗称。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

剱崎
つるぎざき

一般には「けんざき」とよばれるが「つるぎざき」が正しい。神奈川県三浦市、三浦半島の南東端、浦賀水道の入口にある岬。東京湾口を守る重要な灯台がある。城ヶ島(じょうがしま)、油壺(あぶらつぼ)とともに、三浦市の「緑と海岸美」の代表地区。一帯は標高30メートル内外の隆起海食台地で、脚部は長期間荒波に洗われた盆景のような岩礁に取り囲まれる。ここの荒磯(あらいそ)の釣り場はクロダイをはじめ大物釣りで有名。西の北江奈(えな)、間口(まくち)の両湾は沈降性の入り江(溺(おぼ)れ谷)で、北へ続く大浦海岸や雨崎と結んで「なぎさコース」となっている。台地上の灯台付近からは房総半島が手近に望め、展望が広大である。灯台は高さ17メートルで、三浦半島最大級の二等灯台(52万カンデラ)である。西の江奈湾は外洋に面しているが、泥土動物の豊富なことは関東第一であり、貴重な学術研究地をなし、養殖ノリの生産地としても知られる。京浜急行電鉄三浦海岸駅からバス20分。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

剱崎の関連キーワード浦賀剣崎葉山三浦海岸三浦国際市民マラソン三浦道寸三浦時高三浦義意三浦義継三浦義連

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone