コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦賀水道 うらがすいどう

7件 の用語解説(浦賀水道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浦賀水道
うらがすいどう

関東地方南部,房総半島三浦半島との間にある海峡。東の富津岬と西の観音崎を結ぶ線以南の海域。東西幅約 10km。江戸時代から海上交通が盛んであり,現在では内外の大型船が通過して,東京湾の出入口をなす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うらが‐すいどう〔‐スイダウ〕【浦賀水道】

三浦半島房総半島との間の水域。東京湾入り口にあたる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

浦賀水道【うらがすいどう】

三浦・房総両半島間,剱崎〜洲崎(すのさき)から観音崎〜富津(ふっつ)岬までの海域で,東京湾の入口にあたり,幅約10km。海底中央部は東京海谷と呼ばれ深い溝をなす。
→関連項目鋸南[町]剱崎館山[市]東京湾富浦[町]富山[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うらがすいどう【浦賀水道】

東京湾口にあって,房総半島の北西岸と三浦半島の南東岸にはさまれた水域をいう。北は富津(ふつつ)岬と観音(かんのん)崎を結ぶ線から,南は洲崎(すのさき)と剣崎(つるぎざき)を結ぶ線で限られる。最深部は200mをこえ,海底谷が南北に入りこんでいる。東京湾内に出入りするための重要な航路で,船舶が輻湊(ふくそう)する。水道の北口が狭まり,富津岬と第一海堡の間が砂州で連なるため,主航路は第二,第三海堡の間(約2.5km)に制限される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うらがすいどう【浦賀水道】

東京湾入り口の水道。三浦半島と房総半島の間にある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県(神奈川県)〕浦賀水道(うらがすいどう)


東京湾の湾口を占める海峡。房総(ぼうそう)半島の洲(すの)崎から富津(ふっつ)岬、三浦半島の剱(つるぎ)崎から観音(かんのん)崎の間の海域をいう。北口付近が最狭部で、幅約7km。東京湾へ出入りする船舶や房総半島連絡のフェリー便、漁船・遊漁船が輻輳(ふくそう)する海上交通の難所。海上交通安全法により浦賀水道航路・中ノ瀬航路が定められている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浦賀水道
うらがすいどう

関東地方の南部、東京湾口部の水道。房総、三浦両半島の間にあたり、富津(ふっつ)岬と観音崎を連ねる線以南の海をいう。東西の幅約10キロメートル。地質時代の第三紀に陥没して水道となったもので、水深は三浦半島寄りが深い。江戸時代に入ってから、江戸の日本全国に果たす役割の重要性に伴い、この水道の防衛、流通上の機能は著しく増大した。そして上方(かみがた)をはじめ諸地方との間の廻船(かいせん)や荷船の往来でにぎわうようになった。幕末になり日本近海に外国艦船の出没の報が伝わるようになると、幕府は東西両半島の沿岸を譜代(ふだい)大名領とし、数十か所に砲台を築いて江戸の防衛線としたが、それらのいくつかはいまも残されている。
 現在は、京浜、京葉両工業地帯へ通ずる国内間、国際間の幹線航路であり、多数の内外の大型船舶の航行がしきりである。それに房総、三浦両半島間のフェリーボートが加わって、海上の交通ラッシュがおこり、海難事故多発海面となっている。沿岸は、三浦、房総両半島とも夏は海水浴場としてにぎわう。また、一年中釣りが楽しめ、京浜のレクリエーション地域としてよく利用される。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浦賀水道の関連キーワード観音崎剣崎相模灘洲崎東京湾富津岬三浦海岸内房線房総剱崎

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浦賀水道の関連情報