コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城ヶ島 じょうがしま

8件 の用語解説(城ヶ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

城ヶ島
じょうがしま

神奈川県南東部,三浦半島の南西端沖にある小島。東西約 2km,南北 200~500m。三浦市に属し,1960年三崎港と長さ 575mの城ヶ島大橋で結ばれた。標高約 30mの台地をなし,海岸は崖となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょう‐が‐しま〔ジヤウ‐〕【城ヶ島】

神奈川県三浦市にある島。三浦半島の三崎港と城ヶ島大橋で結ばれる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

城ヶ島【じょうがしま】

神奈川県三浦市,三浦半島の南端にある島。周囲約4km。幅約500mの水道を隔てて三崎港に対し,城ヶ島大橋がかかる。海食崖に囲まれた標高約30mの平らな台地で,北岸に漁業集落がある。
→関連項目三浦[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

城ヶ島

1924年公開の日本映画。監督・脚本:伊藤大輔、撮影:大森勝。出演:高堂国典、里見明、歌川八重子鈴木信子、若井信夫ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じょうがしま【城ヶ島】

神奈川県南東端,三浦半島最南端にある島。三浦市に属する。対岸の三崎港との間は幅約500mの瀬戸で,城ヶ島が三崎港の自然の防波堤をなしている。東西約2km,南北500m,標高約30mの台地状の小島だが,東京湾口に位置することから,江戸期以来海防上重視されてきた。東端の安房(あわ)崎には1648年(慶安1)烽火台(のろしだい)が設けられ,1808年(文化5)には砲台が設置された。西端の長津呂崎には城ヶ島灯台があるが,ここも灯明台の跡地で,1870年(明治3)から洋式灯台に変わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じょうがしま【城ヶ島】

神奈川県三浦半島南西端の台地状の島。城ヶ島大橋で半島と結ばれる。南端の崖はウミウの群生地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県〕城ヶ島(じょうがしま)


神奈川県南東部、三浦(みうら)半島の南端沖に浮かぶ島。面積0.99km2。三浦市に属する。標高約30mの台地状の島で、周囲に海食崖(かいしょくがい)が発達し、海食洞が点在している。三浦半島とは城ヶ島大橋で結ばれ、行楽地として知られる。北原白秋(はくしゅう)の歌碑や灯台、城ヶ島公園などがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

城ヶ島
じょうがしま

神奈川県南東部、三浦半島の南端にある島。三浦市に属する。東西1.8キロメートル、南北200~300メートル、周囲約4キロメートル、面積0.99平方キロメートル。1808年(文化5)浦賀奉行(うらがぶぎょう)が江戸(東京)湾警備のため、東端の安房(あわ)崎に砲台を築き、また第二次世界大戦終了まで海軍の砲台があって要塞(ようさい)地帯となっていた。北原白秋の『城ヶ島の雨』の詩でここの風光が歌われてから一躍有名になった。1960年(昭和35)城ヶ島大橋が開通してから観光客が急増し、油壺(あぶらつぼ)、観音(かんのん)崎(横須賀(よこすか)市)とともに三浦半島観光の中心地となっている。島は岩礁で巡らされ、平らな台地状地形をなし、周りは切り立った崖(がけ)になり、海食洞も多い。ここはまた海の生物(とくに魚と貝類)からは相模(さがみ)湾と浦賀水道との生息境界帯をなし、漁労用具がまた分界をなすことでも知られる。南側の崖はウミウ(県指定天然記念物)やクロサギの生息地として知られ、自生のスイセンは1月に開花する。西端の長津呂(ながとろ)崎には灯台があり、付近はホテル、食堂、売店が集中し観光拠点となっている。東部は県立城ヶ島公園になっており、また城ヶ島大橋の下に白秋詩碑がある。京浜急行電鉄三崎口駅からバスが通じる。人口635(2000)。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

城ヶ島の関連キーワード剣崎葉山三浦海岸逗子横須賀三浦大根神奈川県三浦郡葉山町神奈川県三浦郡神奈川県三浦市神奈川県三浦市三崎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

城ヶ島の関連情報