割(り)竹形石棺(読み)ワリダケガタセッカン

デジタル大辞泉の解説

わりだけがた‐せっかん〔‐セキクワン〕【割(り)竹形石棺】

古墳時代の石棺の一。竹を縦に二つに割ったような形に中をくり抜いて作ったもので、身と蓋(ふた)とからなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

わりだけがた‐せっかん ‥セキクヮン【割竹形石棺】

〘名〙 古墳時代の刳貫(くりぬき)式石棺の一つ。凝灰岩・安山岩等で造られ、竹を縦に二つに割ったような形状のもの。内部には造り付けの石枕をもつものが多く、端部には、一~二個の縄掛突起がつく。割竹形木棺が祖型と考えられている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の割(り)竹形石棺の言及

【石棺】より

横穴では棺を掘り残した造り付け石棺もみられる。形態はいずれも木棺をまねたものと考えられているが,前・中期の刳抜式石棺は割竹形石棺,舟形石棺と呼ばれ,熊本,香川,島根,福井,群馬など各地で製作された。他方,組合せ式では長持形石棺が代表で,おもに兵庫県南部に産する〈竜山石(たつやまいし)〉と呼ばれる流紋岩質凝灰岩で製作され,畿内とその周辺を中心に用いられた。…

※「割(り)竹形石棺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android