コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割(り)竹形石棺 ワリダケガタセッカン

1件 の用語解説(割(り)竹形石棺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わりだけがた‐せっかん〔‐セキクワン〕【割(り)竹形石棺】

古墳時代の石棺の一。竹を縦に二つに割ったような形に中をくり抜いて作ったもので、身と蓋(ふた)とからなる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の割(り)竹形石棺の言及

【石棺】より

横穴では棺を掘り残した造り付け石棺もみられる。形態はいずれも木棺をまねたものと考えられているが,前・中期の刳抜式石棺は割竹形石棺,舟形石棺と呼ばれ,熊本,香川,島根,福井,群馬など各地で製作された。他方,組合せ式では長持形石棺が代表で,おもに兵庫県南部に産する〈竜山石(たつやまいし)〉と呼ばれる流紋岩質凝灰岩で製作され,畿内とその周辺を中心に用いられた。…

※「割(り)竹形石棺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone