コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割竹形木棺 わりだけがたもっかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

割竹形木棺
わりだけがたもっかん

古墳時代前半期 (4~5世紀) に盛行した木棺の一つ。大きな木の幹を縦に2つに割り,それぞれ内部をくりぬいて,ふたと身にしたもの。長さ7~8mに及ぶものもあり,舟葬説の根拠とされる。また両端を板材で閉ざしたものや,周囲を粘土でくるんだ粘土槨木炭で包んだ木炭槨,で包んだ礫槨などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

割竹形木棺の関連キーワード大塚山古墳〈福島県〉景初四年銘盤龍鏡権現山51号墳会津大塚山古墳神原神社古墳安満宮山古墳中山大塚古墳島の山古墳茶戸里遺跡八幡塚古墳王山古墳群石川(県)下池山古墳平原遺跡石山古墳

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android