コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割竹形木棺 わりだけがたもっかん

1件 の用語解説(割竹形木棺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

割竹形木棺
わりだけがたもっかん

古墳時代前半期 (4~5世紀) に盛行した木棺の一つ。大きな木の幹を縦に2つに割り,それぞれ内部をくりぬいて,ふたと身にしたもの。長さ7~8mに及ぶものもあり,舟葬説の根拠とされる。また両端を板材で閉ざしたものや,周囲を粘土でくるんだ粘土槨,木炭で包んだ木炭槨,礫で包んだ礫槨などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

割竹形木棺の関連キーワード古墳時代後半期前半期宮城県加美郡加美町米泉東京都大田区田園調布京都府与謝郡与謝野町加悦大阪府藤井寺市古室大阪府藤井寺市沢田奈良県天理市中山町竹並遺跡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

割竹形木棺の関連情報