創業/設立

就活用語集(就活大百科 キーワード1000)の解説

創業/設立

両方とも事業を始めた時期のことですが、創業とは、商売を始めた時期を指し、設立は会社組織として登記し、法人組織としてスタートした時期を指します。たとえば創業150年で株式会社でもある老舗和菓子店は、商売を始めたのは江戸時代ですが、株式会社として設立されたのは商法が成立した後ということになります。創業をする段階で会社を設立すれば、創業も設立も同じ日になります。また、会社、学校などを初めて作ることを「創立」といいます。

出典 マイナビ2012 -学生向け就職情報サイト-就活用語集(就活大百科 キーワード1000)について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android