劉石秋(読み)りゅう せきしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

劉石秋 りゅう-せきしゅう

1796-1869 江戸時代後期の儒者。
寛政8年1月20日生まれ。広瀬淡窓にまなび,郷里の豊後(ぶんご)(大分県)玖珠(くす)郡,のち京都で開塾。近江(おうみ)(滋賀県)西大路藩の藩校日新館,丹波園部藩(京都府)の学問所の教授をつとめ,京都の学習院でもおしえた。明治2年3月29日死去。74歳。本姓は合谷。名は翥。字(あざな)は君鳳。通称は三吉。別号に石舟など。詩集に「緑芋村荘詩鈔」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android