コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉紹棠 りゅうしょうとうLiu Shao-tang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劉紹棠
りゅうしょうとう
Liu Shao-tang

[生]1936.3.29. 北京近郊
[没]1997.3.12. 北京
中国の作家。 1953年,処女作品集『青枝緑葉』を出版。 57年反右派闘争で右派分子とされる。文革後『蒲柳人家』 (1980) ,『地火』 (80) ,『娥眉』 (81) などの作品を発表。北京近郊の農村を舞台にした風土色豊かな作品が多い。中国人の民族性を追求する「郷土文学」を提唱した。 90年,第1回大衆文学賞受賞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

劉紹棠の関連キーワードマキノ雅広斎藤寅次郎清水宏スペイン内戦山本嘉次郎[各個指定]工芸技術部門バラングルートヘニー数学基礎論ソビエト連邦憲法

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone