力布(読み)チカラヌノ

デジタル大辞泉の解説

ちから‐ぬの【力布】

和服の袖付け・八つ口止まり、洋服のボタン・スナップを縫いつける部分などに補強のために当てる小さな布。ちからぎれ。
裁断した角のほつれを防ぐために当てる共切れ。
和服で、絹布薄物のひとえ物の肩明き部分につける細い斜め布。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちからぬの【力布】

ボタンを付ける所・ひだの縫い止まりなど、力のかかる箇所の補強のために裏から当てる布。当て布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちから‐ぬの【力布】

〘名〙
① 和服は、袖付(そでつけ)・八つ口止まりの部分、洋服は、ボタン・スナップなどをつける部分に、生地がほつれないように当てる小さな布切れ。
② 裁断線のほつれるのを防ぐために当てる、共切れまたは同色の薄地の小さな布切れ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android