コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力布 チカラヌノ

デジタル大辞泉の解説

ちから‐ぬの【力布】

和服の袖付け・八つ口止まり、洋服のボタン・スナップを縫いつける部分などに補強のために当てる小さな布。ちからぎれ。
裁断した角のほつれを防ぐために当てる共切れ。
和服で、絹布薄物のひとえ物の肩明き部分につける細い斜め布。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちからぬの【力布】

ボタンを付ける所・ひだの縫い止まりなど、力のかかる箇所の補強のために裏から当てる布。当て布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

力布の関連キーワード当て布袖付け共切れ八つ口長着和裁

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android