薄地(読み)はくじ

精選版 日本国語大辞典「薄地」の解説

はく‐じ ‥ヂ【薄地】

〘名〙 (「はくち」とも)
① 不毛の土地。やせた土地。迫地。
※吉田神社文書‐建長二年(1250)七月・小槻淳方下文写「当社領内彼両村、本依薄地、暫可五束代由」
② 仏語。
(イ) 凡夫境界をいう。無知・凡庸なこと。白地薄知
平家(13C前)三「但凡夫薄地、是非にまどへるがに猶心ざしを恣にせず」
() 修行により、煩悩の薄くなったをいう。

うす‐じ ‥ヂ【薄地】

〘名〙 布地や金属、紙張りなどの厚さがうすいもの。うすで。
※御湯殿上日記‐永祿三年(1560)六月五日「うすちの御あふき十ほん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「薄地」の解説

はく‐じ〔‐ヂ〕【薄地】

仏語。無知・凡庸な人間の境界。凡夫の境界。また、修行により煩悩が薄くなった位。

うす‐じ〔‐ヂ〕【薄地】

織物などの薄いもの。⇔厚地
[類語]薄い希薄薄っぺら薄べったい薄めうっすら薄手薄口

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「薄地」の解説

【薄地】はくち

やせ地。

字通「薄」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android