力戦奮闘(読み)りきせんふんとう

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 力いっぱい努力して戦うこと。
※カント倫理学説の大要(1898)〈波多野精一〉五「絶間なき力戦奮闘は義務の保護の為めには実に避く可らざる所なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

勇気や気力を出し尽くして戦うこと。力の限り全力で困難などにぶつかっていくこと。

[活用] ―する。

[使用例] ぼく力戦奮闘しました。癒しがたい創をこうむりながらも、沈没してはいけないと力いっぱい頑張りました[尾崎一雄*すみっこ|1955]

[解説] 「力戦」は全力を注いで戦うこと、「奮闘」は勇気を奮って戦ったり、気力を奮い起して困難などと戦うこと。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android