コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎一雄 おざきかずお

7件 の用語解説(尾崎一雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾崎一雄
おざきかずお

[生]1899.12.25. 三重,宇治山田
[没]1983.3.31. 小田原
小説家。神官の子に生れ,意見の違う父の死後,法政大学から早稲田高等学院に移り (1920) 文学活動に入った。 1923年私淑していた志賀直哉を初めてたずね,翌年早稲田大学国文科に進んだのち志賀に近い作風の『二月の蜜蜂』 (25) を書き好評を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おざき‐かずお〔をざきかずを〕【尾崎一雄】

[1899~1983]小説家。三重の生まれ。志賀直哉に師事。ユーモラスな独自の筆致の昭和期の代表的な私小説家。「暢気眼鏡(のんきめがね)」で芥川賞を受賞。他に「虫のいろいろ」「あの日この日」など。文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

尾崎一雄【おざきかずお】

小説家。三重県宇治山田生れ。早大国文科卒。志賀直哉に師事。1937年《暢気眼鏡(のんきめがね)》で芥川賞私小説作家で,清潔なユーモアのあふれた作品が多い。第2次大戦後に《虫のいろいろ》《まぼろしの記》がある。
→関連項目早稲田派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎一雄 おざき-かずお

1899-1983 昭和時代の小説家。
明治32年12月25日生まれ。志賀直哉(なおや)に師事。昭和12年「暢気眼鏡(のんきめがね)」で芥川賞。戦後は「虫のいろいろ」「まぼろしの記」など心境小説を発表した。50年自伝的文壇史「あの日この日」で野間文芸賞受賞。芸術院会員。53年文化勲章。昭和58年3月31日死去。83歳。三重県出身。早大卒。
【格言など】僕は来世は信じない。だから,死ぬためには何もしない。すべては生きるためだ(死の前年のことば)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おざきかずお【尾崎一雄】

1899‐1983(明治32‐昭和58)
小説家。三重県の生れ。早大国文科卒業。神奈川県立二中時代に志賀直哉の《大津順吉》を読んで感動し,作家を志望するようになる。早稲田高等学院時代から作品を書き出すが,初期の作品《二月の蜜蜂》(1925)などに直哉の影響が強い。1927年に大学を卒業するが,勃興するプロレタリア文学に同調できず,小説が書けなくなる。失意と貧困の時代を経て,31年,金沢出身の山原松枝と結婚,作家として再起する契機を得る。生活の落着きとともに,以後《暢気眼鏡(のんきめがね)》(1933)のような誠実な作風で知られる短編が次々と書かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おざきかずお【尾崎一雄】

1899~1983) 小説家。三重県生まれ。早大卒。志賀直哉に師事。「暢気眼鏡」で芥川賞受賞。「虫のいろいろ」など私小説・心境小説に独自な境地を開く。著「懶い春」「まぼろしの記」回想記「あの日この日」。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾崎一雄
おざきかずお
(1899―1983)

小説家。明治32年12月25日、三重県宇治山田で生まれ、神奈川県小田原郊外下曽我(しもそが)(現小田原市内)で育つ。祖父の代までは代々宗我(そが)神社の神官。早稲田(わせだ)大学国文科に学び、山口剛(たけし)の影響を受ける。早くより志賀直哉(しがなおや)の『大津順吉』を読み感動、それ以後作家を志し、志賀への傾倒を深め、終始一貫志賀門の一人としてふるまう。同人誌『主潮』を推進、その後も多くの同人誌に加わる。プロレタリア文学全盛期のときは沈黙、奈良にいた志賀を訪ね、やがて停滞を打ち破って、自己と楽天的な妻をユーモアと苦みの利いた文章で描いた『暢気眼鏡(のんきめがね)』(1933)を発表、1937年(昭和12)単行本刊行の際に芥川(あくたがわ)賞を受ける。
 第二次世界大戦末期に胃潰瘍(いかいよう)のため帰郷、下曽我の地で病を養いつつ、第一次「生存五か年計画」をたて、『虫のいろいろ』(1948)を発表、心境小説の代表作となる。客観小説『すみっこ』(1955)は理不尽なものへの怒りが表明されている力作。『まぼろしの記』(1961。野間文芸賞受賞)、『虫も樹(き)も』(1965)も自然と人間との合致への願望が秘められている。『群像』に連載した自伝的回想『あの日この日』(1970~73)は尾崎家物語であるとともに早稲田物語であり、亡き友への鎮魂歌ともなっていて、ふたたび野間文芸賞を受けた。1964年(昭和39)日本芸術院会員、78年文化勲章を受章。昭和58年3月31日、悠々天寿を全うして死去。[紅野敏郎]
『『尾崎一雄全集』全15巻(1982~85・筑摩書房) ▽尾崎松枝編『尾崎一雄 人とその文学』(1984・永田書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の尾崎一雄の言及

【私小説】より

…小林秀雄や後の中村光夫《風俗小説論》(1950)(風俗小説)の批判にもかかわらず私小説は盛んに書かれていたのである。その主なものは志賀直哉の系統では滝井孝作《無限抱擁》(1921‐24),尾崎一雄《二月の蜜蜂》(1926),《虫のいろいろ》(1948)など,葛西善蔵の系統では牧野信一《父を売る子》(1924),嘉村礒多(かむらいそた)《途上》(1932)などがある。そして前者を調和型心境小説,後者を破滅型私小説に分ける解釈が後に伊藤整《小説の方法》(1948)と平野謙〈私小説の二律背反〉(1951)によって完成,定着していった。…

※「尾崎一雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

尾崎一雄の関連キーワード久松潜一田村泰次郎坪田譲治豊島与志雄中山義秀国文三重県員弁郡三重県尾鷲市中村町三重県三重郡朴裕河

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尾崎一雄の関連情報