コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

功存 こうぞん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

功存 こうぞん

1720-1796 江戸時代中期-後期の僧。
享保(きょうほう)5年生まれ。浄土真宗本願寺派。生地越前(えちぜん)(福井県)で平乗寺の慧鐺(えとう)にまなび,宝暦10年(1760)同寺住職。越前に流行した「タノマズ秘事」を邪義として糾明,その法談記録「願生帰命弁(がんしょうきみょうべん)」は,のちの三業惑乱(さんごうわくらん)の遠因となる。明和6年(1769)西本願寺学林能化(のうけ)(学頭)。寛政8年9月23日死去。77歳。字(あざな)は子成。号は霊山。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

功存の関連キーワードバロック音楽加藤景範エカチェリーナドニエプロペトロフスクエカテリーナ万葉集略解徴用された朝鮮人らの遺骨問題江戸木遣り唄伊孚九蝦夷志

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone