コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加々爪忠澄 かがづめ

3件 の用語解説(加々爪忠澄の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

加々爪忠澄

江戸初期の幕臣。通称は見十郎。徳川秀忠より諱字を賜る。大坂冬の役・夏の役に活躍した。民部少輔に任ぜられる。寛永18年(1641)歿、56才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加々爪忠澄 かがづめ-ただずみ

1586-1641 江戸時代前期の武士。
天正(てんしょう)14年生まれ。加々爪政尚の子。幕臣。大坂冬の陣のとき使番となり,その後目付,町奉行,大目付などを歴任。寛永17年貿易再開をもとめて長崎に来航したポルトガル船をやきはらい,使節らを死罪とした。寛永18年1月30日死去。56歳。通称は甚十郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

加々爪忠澄

没年:寛永18(1641)
生年:天正14(1586)
江戸前期の旗本。通称は甚十郎,官職名は民部少輔,父は政尚。徳川家康に近侍し,大坂の陣に使番として従軍,秀頼母子助命嘆願の際城内に入る。元和5(1619)年目付,寛永8(1631)年江戸の町奉行となる。10年加増を受けて9500石を知行。13年江戸城石垣および堀普請を奉行し,16年上使として姫路城松平忠明に引き渡す。17年大目付に就任,同年長崎へ出張し,鎖国令を無視して来航したポルトガル船を焼き沈め乗組員の内ルイス・パチェコら61名を死刑に処した。翌18年江戸大火の際消火出動中に焼死。町奉行,大目付など重職を歴任,能吏であった。

(しらが康義)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の加々爪忠澄の言及

【桶町の大火】より

…将軍徳川家光もみずから江戸城の大手門に出て陣頭指揮をとり,諸大名も老中奉書を受け消火に当たったが,いかんともしがたく,江戸の大半を焼失する結果となった。またこのとき,消火を指揮した大目付加々爪忠澄は,火煙にまかれ殉職した。この大火の翌々年9月,幕府は,従来の一部の旗本の番方組織による消火や大名の臨時の軍役的性格をもつ消火出動に加えて,6万石以下の大名16家を4隊に編成し,1万石につき30名ずつ藩邸の武士を動員,1隊が10日交代で常時消防に当たらせることとした。…

※「加々爪忠澄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

加々爪忠澄の関連キーワード小堀権十郎仙石久邦八木守直金森重直池田長賢石谷貞清狩野宗心是一(2代)高成田琴台内藤忠重

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone