コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加倉井英蔵 かくらい えいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加倉井英蔵 かくらい-えいぞう

1822-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政5年1月10日生まれ。加倉井砂山に師事。元治(げんじ)元年砂山の子久壮(ひさたけ)とともに松平頼徳(よりのり)の軍に投じ,同年9月17日那珂湊(なかみなと)で水戸諸生党・幕府方とたたかい戦死した。43歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加倉井英蔵の関連キーワード加倉井久壮

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android