コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加古里子 カコサトシ

2件 の用語解説(加古里子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かこ‐さとし【加古里子】

[1926~ ]絵本作家・児童文学者。福井の生まれ。本名、中島哲(さとし)。朗らかユーモラスな絵柄の作品で知られる。楽しみながら科学に親しめる絵本や、日本の伝統文化を紹介する絵本なども数多い。代表作「かこさとし・かがくの本」シリーズ、「だるまちゃん」シリーズ、「からすのパンやさん」シリーズなど。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加古里子 かこ-さとし

1926- 昭和後期-平成時代の絵本作家。
大正15年3月31日生まれ。東大工学部で応用化学をまなぶ。卒業後化学関係企業の研究所につとめるかたわら児童文化運動にかかわり,たのしみながら科学をまなぶ本や絵本を多数生みだす。平成20年菊池寛賞。福井県出身。本名は中島哲(さとし)。作品に「かわ」「海」「地球」「かこさとしかがくの本」,「だるまちゃん」シリーズなど。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加古里子の関連キーワード大正天皇昭和イギリス映画小作争議文芸時代アパート猪熊弦一郎円本大河内伝次郎ピストン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加古里子の関連情報