加害条項(読み)かがいじょうこう(英語表記)attentat clause

世界大百科事典 第2版の解説

かがいじょうこう【加害条項 clause d’attentat[フランス]】

外国の元首やその家族に対する加害行為を政治犯不引渡原則(犯罪人引渡し)の例外とすることを定めた条項。1856年のベルギー犯罪人引渡法に初めて挿入されたのでベルギー条項ともいう。1854年フランス皇帝ナポレオン3世の暗殺を企てたフランス人がベルギーに逃亡し,フランスは両国間の犯罪人引渡条約(1834)に基づいて犯人の引渡しを請求した。ベルギーの裁判所では1833年の犯罪人引渡法の政治犯不引渡規定に該当するか否かが争われ,世論も犯人に好意的であったため,フランスが請求を取り下げて事件は終了した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android