コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加害条項 かがいじょうこうattentat clause

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加害条項
かがいじょうこう
attentat clause

外国の元首やその家族の生命に対する加害政治犯罪とみなさないとする条項犯罪人引渡し条約におかれることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かがいじょうこう【加害条項 clause d’attentat[フランス]】

外国の元首やその家族に対する加害行為を政治犯不引渡原則(犯罪人引渡し)の例外とすることを定めた条項。1856年のベルギー犯罪人引渡法に初めて挿入されたのでベルギー条項ともいう。1854年フランス皇帝ナポレオン3世の暗殺を企てたフランス人がベルギーに逃亡し,フランスは両国間の犯罪人引渡条約(1834)に基づいて犯人の引渡しを請求した。ベルギーの裁判所では1833年の犯罪人引渡法の政治犯不引渡規定に該当するか否かが争われ,世論も犯人に好意的であったため,フランスが請求を取り下げて事件は終了した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

加害条項の関連キーワード政治犯罪人不引渡しの原則

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android