コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犯罪人引渡し はんざいにんひきわたし extradition

翻訳|extradition

4件 の用語解説(犯罪人引渡しの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

犯罪人引渡し
はんざいにんひきわたし
extradition

A国でその国法に触れて犯罪人として訴追を受けている者が逃亡してB国にいるとき,A国からその者の引渡しを要求された場合,B国がその者を逮捕してA国に引渡すこと。 AB両国間に犯罪人引渡し条約が締結されているときのみ引渡しの義務がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

犯罪人引渡し【はんざいにんひきわたし】

犯罪人(容疑者または有罪判決を受けた者)が他国に逃亡した際に,相手国が当事国の要求に応じて当該人物を引き渡すこと。国際刑事司法共助の一種。国際法上,国家は一般に犯罪人引渡しの義務はなく,相互に特別の条約を締結した場合にのみこの義務を負う(実際には犯罪人引渡しに関する国内法や国際礼譲により引き渡すことが多い)。
→関連項目国際刑事警察機構司法共助庇護権

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はんざいにんひきわたし【犯罪人引渡し extradition】

犯罪人引渡しとは,他国の法に触れた犯罪容疑者または有罪判決を受けた者が自国に滞在しているとき,外交経路により引渡請求がなされた場合,当該国に訴追または処罰のために引き渡すことをいう。逃亡犯罪人引渡しともいう。逃亡とは,外国で犯罪を犯した者が逃亡してきたことを意味するのではなく,本来の裁判権から逃亡していることをいう。犯罪人引渡しは,追放(退去強制)とともに強制的出国の一方法である。追放が行政行為としてなされるのに対し,引渡しは,犯罪抑圧のための国際協力としてなされる刑事国際司法共助の一種である(国際共助)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

犯罪人引渡し
はんざいにんひきわたし

犯罪人引渡しは逃亡犯罪人引渡しともいい、一国の法に触れた者または有罪判決を受けた者が自国内に滞在している場合に、通常、外交手続を経て行われる外国の引渡請求に応じて、訴追または処罰のためにこの外国に引き渡すことであり、強制的出国の一つの場合である。典型的には、犯罪地である本国から国外逃亡した「逃亡」犯罪人が対象となるが、この「逃亡」はいまだ裁きや処分を受けずにいることを意味し、かならずしも国外逃亡している意味ではない。
 現行国際法上は、一般に国家に犯罪人引渡しの義務があるとはいえず、引き渡すかどうかは国家の自由であり、引渡請求を受けても、請求国に引き渡さず自国に滞在を認めることができる。しかし、犯罪が国際化し犯罪人の国外逃亡が容易になるとともに、逃亡犯罪人の引渡しは、国際協力として一般に望ましいことと考えられ、日米犯罪人引渡条約のような二国間の条約で引渡義務をとくに負っている場合以外でも、犯罪人引渡しに関する国内法により、あるいは国際礼譲として、実際に行われている。
 引渡しの対象となる犯罪については具体的には個々の条約が定めるが、比較的重罪に限り、しかも、双方の国で共通に犯罪と認められるものに限るのが普通であり、これを双方可罰の原則という。
 しかし、政治犯罪については引渡しが認められず、これを政治犯罪人不引渡しの原則という。政治犯罪は、通常、純粋の政治犯罪と相対的政治犯罪とに分けられ、政治的秩序の侵害に関連して、道義的または社会的に非難さるべき普通犯罪が行われる相対的政治犯罪を犯した者に対するこの原則の適用については争いがある。なお、外国元首やその家族に危害を加える行為は政治犯罪とみなさないというベルギー条項または加害条項が多くの国によって採用されている。
 犯罪人として引き渡されるのは、通常、請求国または第三国の国籍を有する者に限られ、自国民は引き渡さないという原則が多数の国によって採用されており、自国民不引渡しの原則とよばれる。
 引渡しを受ける国は、犯罪の行われた犯罪地国を原則とするが、複数の請求国がある場合には、先に請求した国に引き渡すことが多い。最近の傾向として、死刑存置国には引き渡さないとする国が増えている。引き渡された者は、引渡しの理由となった犯罪についてのみ審理・処罰され、それ以外についてはほかに犯罪があっても処罰されることはない。これを一般に特定主義という。[芹田健太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犯罪人引渡しの関連キーワード加害条項日米犯罪人引渡条約犯罪人引渡条約思想犯逃亡犯罪人引渡法代理処罰逃亡犯罪人引渡し犯罪人引き渡し条約日米犯罪人引き渡し条約政治犯罪人不引渡し

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

犯罪人引渡しの関連情報