コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤助三郎 かとう すけさぶろう

2件 の用語解説(加藤助三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤助三郎 かとう-すけさぶろう

1856-1908 明治時代の実業家。
安政3年生まれ。明治5年美濃(みの)陶器の販売店美濃屋を東京にひらく。22年満留寿商会を設立し,輸出も手がけた。岐阜県陶器業組合長,東京陶器問屋組合頭取。明治41年3月13日死去。53歳。美濃(岐阜県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

加藤助三郎

没年:明治41.3.13(1908)
生年:安政3(1856)
明治期の美濃(岐阜県)の陶業家。明治5(1872)年,16歳で東京に陶器舗を開店。13年帰郷し,濃栄社を設立。のち満留寿商会と号し,国内のほかシンガポールなどへ販路を拡張した。25年東京陶器問屋組合頭取となり,鉄道利用による廉価な輸送を実現させた。また卸売の中間利潤を排し適正価格で流通させるため,『陶磁器相場報告』『陶器商報』などを創刊し,陶磁器の製造技術や商法の改善に貢献した。31年岐阜県陶磁業組合長となり,訪中視察し,アジア,アフリカへの直輸出を推進させた。郡立陶器学校の設立など,陶業技術者の育成にも力を尽くした。

(山形万里子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加藤助三郎の関連キーワード美濃上田治一大野亀三郎加藤景秋河野忠次清水勇助曾根庄兵衛西浦円治(3代)西浦円治(4代)林景正

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone