コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤友太郎 かとう ともたろう

2件 の用語解説(加藤友太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤友太郎 かとう-ともたろう

1851-1916 明治-大正時代の陶業家。
嘉永(かえい)4年9月生まれ。明治7年上京して井上良斎の陶工場にはいり,ついでG.ワグネルにまなぶ。15年陶工場友玉園をつくり,「陶寿紅」とよばれる本焼きの下絵付けの赤色を開発。大正5年2月27日死去。66歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。号は陶寿。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

加藤友太郎

没年:大正5.2.27(1916)
生年:嘉永4.9(1851)
明治の東京を代表する陶工。尾張(愛知県)瀬戸の陶工加藤与八の次男。字は陶寿。明治7(1874)年上京し,井上良斎(初代)の窯場に入り技術を習得したのちG.ワグナーの指導を受け,15年牛込新小川町に窯場「友玉園」を開き,のち向島・大崎へと移った。若いころワグナーから技術を学んだ結果,陶技に関する発明が多く,特に本焼の下絵付けの法は成果を生み,32年に完成した下絵付けの赤は「陶寿紅」と呼ばれ,人気を博した。受賞の合計は67件におよぶ。

(矢部良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加藤友太郎の関連キーワード尾張尾張旭井上良斎(2代)加藤景久加藤五郎八加藤善治(2代)加藤善治(3代)佐助友十六兵衛(1)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone