コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤春丹 かとう しゅんたん

1件 の用語解説(加藤春丹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤春丹 かとう-しゅんたん

?-1807 江戸時代中期-後期の陶工。
尾張(おわり)(愛知県)瀬戸の人。加藤春定の養子となり,瀬戸窯陶祖加藤景正の22代をつぐ。鵜(う)の糞釉,緑釉流しなどをもちいて独自の作風をきずき,名工といわれた。文化4年1月5日死去。通称は孫右衛門。別号に春福。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加藤春丹の関連キーワード並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト株式会社休明光記亀山焼三菱自動車五雲亭貞秀柴田是真

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone