コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤景長 かとう かげなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤景長 かとう-かげなが

?-? 鎌倉-南北朝時代の陶工。
尾張(おわり)(愛知県)の人。瀬戸窯本家2代加藤基通の次男。正中(しょうちゅう)(1324-26)のころ赤津に分家し,赤津窯をひらく。壮年期の作品には,背戸二郎の銘がある。同名の陶工が数人いる。通称は藤左衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加藤景長の関連キーワード南北朝時代加藤政高

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android