コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正中 ショウチュウ

9件 の用語解説(正中の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ちゅう〔シヤウ‐〕【正中】

しょうなか(正中)

しょうちゅう【正中】[年号]

鎌倉後期、後醍醐天皇の時の年号。1324年12月9日~1326年4月26日。

しょう‐なか〔シヤウ‐〕【正中】

能舞台の中央の位置。しょうちゅう。

せい‐ちゅう【正中】

[名](スル)
物のまん中。中心。
かたよっていないこと。また、正しくて理想的なこと。
「廉恥、公平、―、勇強等の如き外物に接して」〈福沢文明論之概略
天体が日周運動子午線を通過すること。南中。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうちゅう【正中】

しょうちゅう【正中】

年号(1324.12.9~1326.4.26)。元亨の後、嘉暦の前。後醍醐ごだいご天皇の代。

しょうなか【正中】

能舞台の中央。しょうちゅう。

せいちゅう【正中】

( 名 ) スル
物の中心。真ん中。 「下に権利の字を-に書き/明六雑誌 32
ある考えにかたよらないこと。中正であること。
天体が天の子午線を通過すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

しょうちゅう【正中】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1324年から1326年まで、後醍醐(ごだいご)天皇の代の元号。前元号は元亨(げんこう)。次元号は嘉暦(かりゃく)。1324年(元亨4)12月9日改元。1324年は甲子(かっし)の年にあたり、甲子は徳を備えた人に天命が下される革令(かくれい)の年で変乱が多いとされることから、先例にならい、甲子革令を防ぐ目的で改元が行われた。『周易(しゅうえき)』(『易経(えききょう)』)を出典とする命名。正中年間の鎌倉幕府の将軍は守邦(もりくに)親王(9代、鎌倉幕府最後の将軍)。執権は北条高時(たかとき)(14代)。後宇多(ごうだ)法皇の院政が1321年(元亨1)に停止したため、この頃の朝廷では後醍醐天皇による親政が行われていた。1324年(正中1)、後醍醐を中心とする討幕計画が発覚。天皇自身に処分は及ばなかったが、側近の日野資朝(すけとも)らが六波羅探題(ろくはらたんだい)に捕縛され、処分を受けた(正中の変)。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の正中の言及

【南中】より

…観測地点における子午線は,天の北極,天頂,天の南極を通る天球上の大円であるが,そのうちの天の北極から天頂を経て天の南極に至る半円部分を,日周運動によって,天体が東から西へ通過するときのこと。極上正中,あるいは単に正中とも呼ぶ。これに対して,子午線の残りの半円部分を天体が西から東へ通過するときのことを北中,あるいは極下正中という。…

※「正中」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

正中の関連キーワード私年号年号逸年号元亨仁治宝治暦仁和暦舜恵樋口芳麻呂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

正中の関連情報