加藤武(読み)かとう たけし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤武 かとう-たけし

1929-2015 昭和後期-平成時代の俳優。
昭和4年5月24日生まれ。中学教師をへて昭和27年文学座にはいる。「富島松五郎伝」「美しきものの伝説」などの舞台に出演。一時、小沢昭一主宰の劇団「芸能座」で活動。映画では名脇役として黒沢明の「悪い奴ほどよく眠る」,市川崑の「犬神家の一族」や今村昌平,浦山桐郎らの作品に起用された。60年吉永仁郎作「芝居」を演出。26年「夏の盛りの蝉のように」で葛飾北斎を演じて紀伊国屋演劇賞を受賞。平成27年7月31日死去。86歳。東京出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加藤武の関連情報