コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富島松五郎 とみしま まつごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富島松五郎 とみしま-まつごろう

岩下俊作の小説「富島松五郎伝」の主人公。
北九州小倉生まれの人力車夫暴れ者のため無法松とよばれる。小倉連隊の吉岡大尉の家に出入りをゆるされ,大尉の死後は夫人と息子のためにつくす。夫人への思いを胸にひめたまま最後はひとりさびしく死んでいく。昭和18年阪東(ばんどう)妻三郎主演の映画「無法松の一生」が評判となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富島松五郎の関連情報