コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦山桐郎 ウラヤマキリオ

4件 の用語解説(浦山桐郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うらやま‐きりお〔‐きりを〕【浦山桐郎】

[1930~1985]映画監督。兵庫の生まれ。「キューポラのある街」で監督デビューし、注目を集める。生涯で監督した作品は9本と寡作ながら、どの作品も高く評価された。他に「非行少女」、遠藤周作原作「私が棄(す)てた女」、五木寛之原作「青春の門」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

浦山桐郎【うらやまきりお】

映画監督。兵庫県生れ。1954年名古屋大卒業後日活に入社し,川島雄三今村昌平などの助監督につく。吉永小百合主演の《キューポラのある街》(1962年)で監督デビュー。
→関連項目小栗康平

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浦山桐郎 うらやま-きりお

1930-1985 昭和時代後期の映画監督。
昭和5年12月14日生まれ。昭和29年日活にはいり,今村昌平,川島雄三の助監督をつとめる。37年「キューポラのある街」で監督としてデビュー。「非行少女」「私が棄てた女」「青春の門」など評価のたかい9作品をのこした。昭和60年10月20日死去。54歳。兵庫県出身。名大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浦山桐郎
うらやまきりお
(1930―1985)

映画監督。兵庫県生まれ。名古屋大学卒業後、1954年(昭和29)日活に入社。貧しさに負けず生きていく少年少女群像を、公式的な社会批判に堕することなくさわやかに描いた処女作『キューポラのある街』(1962)で注目された。この「いかに生くべきか」の人生論的主題は『非行少女』(1963)では女主人公の号泣しながらの旅立ちを、『私が棄(す)てた女』(1969)では棄てられた女の無言の悲しみを、情感豊かに強調することでさらに内省化された。五木寛之(ひろゆき)の同名小説の映画化『青春の門』(1975)、『青春の門・自立篇(へん)』(1977)ではこの問いかけがより多面的な相のなかで扱われている。[佐伯知紀]

資料 監督作品一覧

キューポラのある街(1962)
非行少女(1963)
私が棄てた女(1969)
青春の門(1975)
青春の門 自立篇(1977)
龍の子太郎(1979)
太陽の子てだのふあ(1980)
暗室(1983)
夢千代日記(1985)

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浦山桐郎の関連キーワード増村保造三隅研次中平康森谷司郎黒澤明井沢淳板谷紀之荻昌弘岸松雄千葉泰樹

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浦山桐郎の関連情報