加藤源重(読み)かとう げんじゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤源重 かとう-げんじゅう

1935- 昭和後期-平成時代の機械工,福祉器具発明家。
昭和10年9月25日生まれ。平成3年紡績工場で機械右手を巻き込まれて親指1cmを残して右手指を全て失った。障害を克服する自助具を作りはじめ,12年福祉工房あいちを設立して,個々の障害者の状態に合わせた独創的な自助具を次々と考案製作。同年シチズン・オブ・ザ・イヤーに選ばれる。15年社会貢献者表彰で日本財団賞。26年吉川英治文化賞。愛知県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android