コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤登紀子 かとう ときこ

2件 の用語解説(加藤登紀子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤登紀子 かとう-ときこ

1943- 昭和後期-平成時代のシンガーソングライター。
昭和18年12月27日満州(中国東北部)ハルビン生まれ。日本アマチュアシャンソンコンクールで優勝,東大生歌手として話題になる。昭和41年「赤い風船」で日本レコード大賞新人賞。44年「ひとり寝の子守唄」を自作。「知床旅情」「百万本のバラ」などをヒットさせた。本名は藤本登紀子。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

加藤 登紀子


芸名
加藤 登紀子

性別
女性

生年月日
1943//

出身地
ハルビン

ブログタイトル
Tokiko Kiss

ブログURL
http://ameblo.jp/tokiko-kato/

デビュー年
1965

職種
音楽

プロフィール
1943年ハルビン生まれ。1965年、東大在学中に第2回日本アマチュアシャンソンコンクールに優勝し歌手デビュー。「ひとり寝の子守唄」、「百万本のバラ」「知床旅情」など数多くのヒット曲を世に送り出す。歌手活動は国内のみならず海外でも意欲的で、カーネギーホールで2度のコンサートを成功させ、1992年にはパリのラ・シガール劇場でのコンサートが認められ、フランス政府より文化勲章シュバリエ」が贈られる。世代、ジャンルを超えた音楽活動にも意欲的に挑戦し、FUJI ROCK FESTIVALや、ap bank fes’07に出演し話題を呼ぶ。歌手生活45周年目には、「人はみんな一粒の種」というテーマで全国コンサートツアーを行う。歌手としての活動のほか、女優として『居酒屋兆治』(1983年)に出演。宮崎駿監督のアニメ映画『紅の豚』(1992年)では声優としての魅力も発揮。2000年にUNEP国連環境計画親善大使に就任以来、アジアオセアニア各地を訪問、地球環境の現状を広く伝えるほか音楽を通じた交流を重ねている。また、千葉県鴨川市の農園「鴨川自然王国」を拠点として、循環型社会の実現に向けて活動を続けている。

代表作品
『ひとり寝の子守唄』 / 『百万本のバラ』 / 『知床旅情』

出典|株式会社タレントデータバンク
タレントデータバンクについて | 情報

加藤登紀子の関連キーワード育英制度風切群馬大学順天堂大学信州大学野見山暁治バーグマンハマースタイン毛利武士郎ローリング・ストーンズ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加藤登紀子の関連情報