加藤登紀子(読み)かとう ときこ

  • 加藤登紀子 かとう-ときこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1943- 昭和後期-平成時代のシンガーソングライター。
昭和18年12月27日満州(中国東北部)ハルビン生まれ。日本アマチュア・シャンソンコンクールで優勝,東大生歌手として話題になる。昭和41年「赤い風船」で日本レコード大賞新人賞。44年「ひとり寝の子守唄」を自作。「知床旅情」「百万本のバラ」などをヒットさせた。本名は藤本登紀子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加藤登紀子の関連情報