コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤登紀子 かとう ときこ

2件 の用語解説(加藤登紀子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤登紀子 かとう-ときこ

1943- 昭和後期-平成時代のシンガーソングライター。
昭和18年12月27日満州(中国東北部)ハルビン生まれ。日本アマチュアシャンソンコンクールで優勝,東大生歌手として話題になる。昭和41年「赤い風船」で日本レコード大賞新人賞。44年「ひとり寝の子守唄」を自作。「知床旅情」「百万本のバラ」などをヒットさせた。本名は藤本登紀子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

加藤 登紀子


芸名
加藤 登紀子

性別
女性

生年月日
1943//

出身地
ハルビン

ブログタイトル
Tokiko Kiss

ブログURL
http://ameblo.jp/tokiko-kato/

デビュー年
1965

職種
音楽

プロフィール
1943年ハルビン生まれ。1965年、東大在学中に第2回日本アマチュアシャンソンコンクールに優勝し歌手デビュー。「ひとり寝の子守唄」、「百万本のバラ」「知床旅情」など数多くのヒット曲を世に送り出す。歌手活動は国内のみならず海外でも意欲的で、カーネギーホールで2度のコンサートを成功させ、1992年にはパリのラ・シガール劇場でのコンサートが認められ、フランス政府より文化勲章シュバリエ」が贈られる。世代、ジャンルを超えた音楽活動にも意欲的に挑戦し、FUJI ROCK FESTIVALや、ap bank fes’07に出演し話題を呼ぶ。歌手生活45周年目には、「人はみんな一粒の種」というテーマで全国コンサートツアーを行う。歌手としての活動のほか、女優として『居酒屋兆治』(1983年)に出演。宮崎駿監督のアニメ映画『紅の豚』(1992年)では声優としての魅力も発揮。2000年にUNEP国連環境計画親善大使に就任以来、アジアオセアニア各地を訪問、地球環境の現状を広く伝えるほか音楽を通じた交流を重ねている。また、千葉県鴨川市の農園「鴨川自然王国」を拠点として、循環型社会の実現に向けて活動を続けている。

代表作品
『ひとり寝の子守唄』 / 『百万本のバラ』 / 『知床旅情』

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加藤登紀子の関連キーワード加藤加藤虞山加藤司書加藤草軒加藤竹里加藤藤九郎加藤藤三郎加藤広明加藤泰候加藤以脩

加藤登紀子の関連情報