コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤與惠 かとう ともえ

2件 の用語解説(加藤與惠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤與惠 かとう-ともえ

1978- 平成時代の女子サッカー選手。
昭和53年5月27日生まれ。ポジションはMF(ボランチ)。秋津SCから読売サッカークラブ女子メニーナ(現・日テレ・メニーナ)をへて,平成5年読売西友ベレーザ(現・日テレ・ベレーザ)に入団。日本女子サッカーリーグ(Lリーグ)で13年・14年に最優秀選手賞,19年には12度目のベストイレブンに選ばれた。日本代表(現・なでしこジャパン)デビューは平成9年親善試合の中国戦。20年2度目の五輪代表となり,北京で4位入賞をはたした。21年引退。東京都出身。東京女子体育大卒。旧姓は酒井。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

加藤 與惠


芸名
加藤 與惠

性別
女性

生年月日
1978/05/27

干支
午年

血液型
O

出身地
東京都

職種
スポーツ

プロフィール
小学生から兄の影響でサッカーを始め、中学生からは読売メニーナに入団。そのまま読売(現・日テレ)ベレーザに昇格した。主にボランチとして活躍し、豊富な運動量で往年のベレーザを長い間支え続けた。ニックネームの「ごみちゃん」から転じて「ミゴ」は、ファンの間で親しみをこめて呼ばれており、感謝祭などではこのニックネームで名札をつけることがあった。リーグベストイレブンに1996年から11回連続で選出されており、2001年・2002年には2年連続でMVPに選ばれた。代表デビューは1997年で、その後は10年の長きにわたり代表チームでの活躍をつづけ、不動のボランチを確立。その安定感には定評がある。なでしこジャパン(日本女子代表)での選手個人記録によると、代表試合の出場試合数では堂々の3位にランキングプレーヤーとしての息の長さが証明された。長きにわたりベレーザで活躍してきた加藤は、2008年に惜しまれつつも現役引退。翌年はチームに残り、若手育成のためにコーチとして活躍した。現在は、なでしこジャパン及びなでしこリーグの解説者として。経験を元に冷静かつ軽快な語りで女子サッカー界の発展に貢献。

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加藤與惠の関連キーワード加藤モエモエ加藤虞山加藤司書加藤草軒加藤竹里加藤藤九郎加藤藤三郎加藤泰儔加藤以脩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加藤與惠の関連情報