コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤野逸 かとう やいつ

1件 の用語解説(加藤野逸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤野逸 かとう-やいつ

1723-1807 江戸時代中期-後期の俳人。
享保(きょうほう)8年生まれ。江戸の人。幕府の材木石奉行の下役。宝暦2年(1752)其日庵3代の溝口素丸に入門し,其日庵4代となって葛飾派の俳系をついだ。文化4年1月15日死去。85歳。名は勝照。通称は富右衛門,定四郎。別号に七六庵,竹涼舎。編著に「附合論(つけあいろん)」「五色墨三篇」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の加藤野逸の言及

【葛飾派】より

…1713‐95)。4世加藤野逸(1728‐1807)。5世関根白芹(初め素水,ついで桂洲。…

※「加藤野逸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

加藤野逸の関連キーワード風早公長羅城菅尚卜秋保盛弁大塚稼圃河内武信三鍼証覚信性樗雲

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone