コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤野逸 かとう やいつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤野逸 かとう-やいつ

1723-1807 江戸時代中期-後期の俳人。
享保(きょうほう)8年生まれ。江戸の人。幕府の材木石奉行の下役。宝暦2年(1752)其日庵3代の溝口素丸に入門し,其日庵4代となって葛飾派の俳系をついだ。文化4年1月15日死去。85歳。名は勝照。通称は富右衛門,定四郎。別号に七六庵,竹涼舎。編著に「附合論(つけあいろん)」「五色墨三篇」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の加藤野逸の言及

【葛飾派】より

…1713‐95)。4世加藤野逸(1728‐1807)。5世関根白芹(初め素水,ついで桂洲。…

※「加藤野逸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

加藤野逸の関連キーワード牧冬映(3代)平山梅人関根白芹

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android