コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溝口素丸 みぞくち そまる

美術人名辞典の解説

溝口素丸

十太夫勝昌。初号白芹、別号絢堂・天地庵等。芭蕉発句註解の労作『説双大全』を著した。他著書多数。寛政7年(1795)歿、83才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

溝口素丸 みぞぐち-そまる

1713-1795 江戸時代中期の俳人。
正徳(しょうとく)3年8月26日生まれ。幕臣で,書院番をつとめた。長谷川馬光の門人其日庵(きじつあん)3代をつぐ。寛延4年(1751)大島蓼太(りょうた)ら雪門系とくんで「続五色墨」をあみ,葛飾(かつしか)派の勢力をきずいた。門人に小林一茶ら。寛政7年7月20日死去。83歳。江戸出身。本姓は吉田。名は勝昌。通称は十太夫。別号に白芹,絢堂。著作に「説叢(せっそう)大全」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

溝口素丸 (みぞぐちそがん)

生年月日:1713年8月26日
江戸時代中期の俳人
1795年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の溝口素丸の言及

【葛飾派】より

…1685‐1751)が其日庵2世を継ぎ,以下,伝えられることになった。3世溝口素丸(初め白芹。1713‐95)。…

※「溝口素丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

溝口素丸の関連キーワード二六庵竹阿関根白芹生年月日加藤野逸飯田無物柴田蛙水葛飾派正徳俳人素丸逸山