コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溝口素丸 みぞくち そまる

2件 の用語解説(溝口素丸の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

溝口素丸

十太夫勝昌。初号白芹、別号絢堂・天地庵等。芭蕉発句註解の労作『説双大全』を著した。他著書多数。寛政7年(1795)歿、83才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

溝口素丸 みぞぐち-そまる

1713-1795 江戸時代中期の俳人。
正徳(しょうとく)3年8月26日生まれ。幕臣で,書院番をつとめた。長谷川馬光の門人で其日庵(きじつあん)3代をつぐ。寛延4年(1751)大島蓼太(りょうた)ら雪門系とくんで「続五色墨」をあみ,葛飾(かつしか)派の勢力をきずいた。門人に小林一茶ら。寛政7年7月20日死去。83歳。江戸出身。本姓は吉田。名は勝昌。通称は十太夫。別号に白芹,絢堂。著作に「説叢(せっそう)大全」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の溝口素丸の言及

【葛飾派】より

…1685‐1751)が其日庵2世を継ぎ,以下,伝えられることになった。3世溝口素丸(初め白芹。1713‐95)。…

※「溝口素丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

溝口素丸の関連キーワード羅城鶏冠原元傘車蝶左坊樗雲貞佐(1)吉田玄二坊里風帒一

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone