コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤霞石 かとう かせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤霞石 かとう-かせき

1802-1873 江戸時代後期の医師,漢詩人。
享和2年生まれ。内木玄通,足立長雋(ちょうしゅん)に医学をまなび,郷里の安房(あわ)(千葉県)平久里中村で開業。詩文や書にすぐれ,その住まいには大沼枕山,梁川星巌(やながわ-せいがん)らの文人が来訪した。のち伊勢(いせ)(三重県)長島藩につかえた。明治6年4月1日死去。72歳。名は済。字(あざな)は世美。通称は玄叔。別号に椿山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

加藤霞石の関連キーワード光の科学史サッカー(フットボール)日本郵便制度史(年表)東南アジア史(年表)大不況鉄筋コンクリート構造グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク尚温王十返舎一九

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android