コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤霞石 かとう かせき

1件 の用語解説(加藤霞石の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤霞石 かとう-かせき

1802-1873 江戸時代後期の医師,漢詩人。
享和2年生まれ。内木玄通,足立長雋(ちょうしゅん)に医学をまなび,郷里の安房(あわ)(千葉県)平久里中村で開業。詩文や書にすぐれ,その住まいには大沼枕山,梁川星巌(やながわ-せいがん)らの文人が来訪した。のち伊勢(いせ)(三重県)長島藩につかえた。明治6年4月1日死去。72歳。名は済。字(あざな)は世美。通称は玄叔。別号に椿山。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

加藤霞石の関連キーワード三角了敬阿部古仙糟谷容斎神戸習悦行徳元穆佐藤圭陰佐野宏沢田玄良百々俊道守矢祥庵

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone