コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤霞石 かとう かせき

1件 の用語解説(加藤霞石の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤霞石 かとう-かせき

1802-1873 江戸時代後期の医師,漢詩人。
享和2年生まれ。内木玄通,足立長雋(ちょうしゅん)に医学をまなび,郷里の安房(あわ)(千葉県)平久里中村で開業。詩文や書にすぐれ,その住まいには大沼枕山,梁川星巌(やながわ-せいがん)らの文人が来訪した。のち伊勢(いせ)(三重県)長島藩につかえた。明治6年4月1日死去。72歳。名は済。字(あざな)は世美。通称は玄叔。別号に椿山。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加藤霞石の関連キーワード光の科学史グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫工場法タイソン党の乱箱館奉行労働基準法

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone