足立長雋(読み)あだち ちょうしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足立長雋 あだち-ちょうしゅん

1776-1837* 江戸時代後期の医師。
安永5年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩医足立梅庵(ばいあん)の養子多紀元簡(たき-もとやす)に漢方,吉田長淑に蘭方医学をまなび,丹波篠山(ささやま)(兵庫県)藩医となる。はじめて西洋医学産科に導入した。天保(てんぽう)7年12月26日死去。61歳。江戸出身。本姓は井上。名は世茂。字(あざな)は松文。号は無涯訳書に「女科集成」「産科礎(いしずえ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

足立長雋

没年:天保7.12.26(1837.2.1)
生年:安永4(1775)
江戸後期の西洋産科医。名は世茂,字は松文,号は無涯。広島(芸州)藩主浅野家の井上正広の子。江戸生まれ。次女世輿は宇田川榕庵に嫁し,3女悦はその弟栄建を婿とする。薩摩藩医足立梅庵に学び,その養子となる。のち多紀元簡に師事し,丹波国篠山藩主の侍医になった。また蘭学を吉田長淑 に学んで,西洋医学書の翻訳に従事し,『医方研幾』(1831)を出版。長淑が蘭方内科で名を成したのをみて,西洋産科医を志し,ボードロックの助産婦書を訳して『産科礎』を出版した。西洋産科のと称される。弟子の小室元貞としばしば文通し,その門人伊古田純道は孫弟子に当たる。

(石原力)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あだちちょうしゅん【足立長雋】

1776‐1836(安永5‐天保7)
江戸後期の蘭方医。本姓は井上氏。江戸に生まれ,薩摩藩医足立梅庵に師事し,その養嗣子となった。名は世茂,無涯と号した。多紀安長に漢方を,吉田長淑に蘭方医学を学び,丹波篠山藩侍医となった。師の吉田長淑の西洋内科に対し西洋産科を標榜し,最初の蘭方産科医として多くの後進を育成した。著訳書として《医方研幾》《同方剤編》《女科集成》《産科礎》等がある。【宗田 一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足立長雋
あだちちょうしゅん
(1776―1836)

江戸中期の洋方産科医の鼻祖。武家の井上正広の子として江戸に生まれる。薩摩(さつま)藩医足立梅庵(ばいあん)に師事し、その養嗣子となった。多紀元簡(たきもとやす)(桂山(けいざん))に漢方を、加賀藩医吉田長淑(ちょうしゅく)(1779―1824)に蘭学(らんがく)を学んだ。篠山(ささやま)藩医になったこともあるが、洋方産科医のいないのを憂えて自ら修業し、一家をなした。門人には牛痘研究者の井上宗端(そうたん)(1785―1861)や順天堂の開祖で佐倉藩医の佐藤泰然らがいる。内科医書『医方研幾』『産科礎(いしずえ)』などを記述した。[末中哲夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あだち‐ちょうしゅん【足立長雋】

江戸後期の医者。多紀桂山に漢方医学、吉田長淑にオランダ医学を学ぶ。「医方研幾」「産科集成」を翻訳。産科医として知られた。安永五~天保七年(一七七六‐一八三六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android