コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤鹿洲 かとう ろくしゅう

1件 の用語解説(加藤鹿洲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤鹿洲 かとう-ろくしゅう

1765-1830 江戸時代後期の儒者。
明和2年生まれ。山本北山にまなび,のち皆川淇園(きえん)に師事。長崎で塾をひらく。寛政2年(1790)肥前大村藩(長崎県)藩校五教館の初代学頭にまねかれた。のち山奉行,郡(こおり)奉行をへて用人(ようにん)にすすんだ。文政13年9月17日死去。66歳。出羽秋田出身。名は守徳。字(あざな)は魯蔵。通称は左司馬。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加藤鹿洲の関連キーワード中野碩翁民衆を導く自由の女神中野碩翁岩井半四郎天童藩ゲーテ(年譜)シャルル赤と黒お蔭参り七月革命

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone