加賀 邦男(読み)カガ クニオ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

加賀 邦男
カガ クニオ


職業
俳優

本名
亀山 邦雄

別名
旧芸名=舟波 邦之介(フナナミ クニノスケ)

生年月日
大正2年 2月9日

出生地
東京市 日本橋区人形町(東京都 中央区)

出身地
宮城県

学歴
慶応義塾普通部〔昭和2年〕中退

経歴
昭和2年舞台俳優を志して浅草・昭和座に入る。5年映画にスカウトされ、同年「仇討太夫桜」に舟波邦之介の芸名でデビュー。以後新興キネマ(のち大映)の若手二枚目として数多くの時代劇に出演した。15年東京・大泉の現代劇部に移り加賀邦男と改名。終戦直前に大映を退社、25年東横映画を経て、東映に入社。善悪、硬軟両面を使いわけられるバイプレイヤーとして200本以上の作品に出演、名脇役として活躍した。他の出演作に「国定忠治」(33年)の巌鉄役、「水戸黄門」シリーズの格さん、「大菩薩峠」「宮本武蔵」などがある。

没年月日
平成14年 1月7日 (2002年)

家族
二男=亀山 達也(俳優),三男=志賀 勝(俳優)

伝記
昭和・平成タレント太平記―私をトリコにした男たち 林家 木久蔵 著(発行元 学習研究社 ’91発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android